新しい個人ウェブサイトをオープンしました。

当ブログを読んでくださっている方、いつもありがとうございます。
表題の通り、新しいウェブサイトをオープンしました。
http://awai.jp.net/
以降はこちらで更新していきます。変わらずご愛顧いただければ幸いです。
このブログの過去記事の大半は新サイトにも移転済みです。

Advertisements

Snow allows me breathe / 心のヒマ

雪降りて 閑のとまりし メトロかな
Train easily stops or delays in this town, especially a day with such a weather. Today NY had the third snow this winter. These days I’m packed with many final papers, presentations and exams for the semester end (and for graduation), and my research and writing works, and I’m gradually losing a room to breathe. It was also the case for today’s morning. I rushed out my home in Brooklyn, and got on the train. But, as expected, train never starts, because of snow. I and other passengers waited for more than 10 minutes, and finally changed a train from R to F line. First I felt worried to be late to the class (it takes more than an hour from Park Slope in Brooklyn to my campus at Washington Heights in Upper West Manhattan), but soon I found my mind changed. Who in the world has to be in hurry in so much in life? What is so much important? I decided, to just enjoy this train trouble, and let it go slowly. I open a book of a my favorite writer’s novel and poem and enjoyed it for a while, and when a dance performance on the train by a group of boys suddenly started, I closed the book, without feeling irritated, and just enjoyed their dance (it was good than I expected).

さすがに学期末となると試験やらレポートやらで慌ただしくなる。ましてや今学期が最終学期、もうすぐ卒業となればなおさらだ。1年前と比べるとずいぶんと慣れたものだが、いただいているお仕事やら文章やらも今月がけっこう佳境であり、日々の雑事と冬の眠気も手伝ってか思うようには進まない。平静さを失っているわけでもないし、まぁなんとかできるレベルではあるが、あまり方方を待たせたくないし、「まずいなぁ」とどうにも焦る気持ちは出てくる。畢竟、呼吸も思考も浅くなる。サボっているわけでもないし、やることやっちゃあいるし、そういう時期なのだと捉えれば良いし、世俗的な意味で「充実」していることを良しとする向きもあろうが、どうしたって感性がパサツイている自覚は拭えない。こういう状態では会えないなぁという幾人かの顔が浮かぶ。「なにを瑣末なことにかかずらっているのですか」「いやそうは言ったって仕方がないのですよ」などと言い訳はすまい。

そんな折の雪である。案の定家から出るメトロは停まり、立ち往生?座り往生を食らうことになった。東京の鉄道網と比べればMTAの悪天候に対する脆弱性はその比ではない(東京は人身事故やらなんやら別の悲しい理由でよく停まるのだが、それでも本数が全然違う)。いったい我々現代都会人の生活というのはどれだけ電車に支配されていることだろう。電車が止まるだけで身動きが取れない。田舎へ行けば行ったで車社会なのだが、そうはいっても線路と道路では自由度が違う。ブルックリンの自宅からマンハッタンの北端のキャンパスまでは1時間以上かかるものだから、午後の授業のプレゼンテーションに遅れやしないかとやきもきする。しかしここで『寄生獣』という漫画のラストシーンを思い出した。人間は「心にヒマがある」から素晴らしいのだとミギーが新一に語りかける。そういうわけで、「ま、いいか」と思い直し、宮沢賢治を開き、のんびりと読み始めた。銀河鉄道とは行かないが、鈍行メトロも悪くはない。ヒマを作るのがヘタな現代人にとっては、これぐらいよくダイヤが乱れるのがちょうど良いのかもしれない。

雪降りて 閑のとまりし メトロかな

お粗末。先日久しぶりに開いた「思い出すことなど」の中で、病床の漱石が句や詩を詠んでいたことに影響されていることは勿論認める。心にヒマができたときは詠じてみようかと思う。

Close to the year end / 思い出す間もなく

8th December, Sunday, 2013

As early as November, NYC had already been filled with Christmas illumination, but now December, after Thanksgiving holidays, it is the season at last. M&Ms chocolate sold with a christmas package, L’Occitane and Sabon feature christmas special gift sets (soap, oil, perfume etc.) Performers at train, platform, and street play seasonal set lists. In the afternoon today, I met a group of four middle aged guys on a Manhattan bound R train. They sang a christmas song, which I must have heard before but don’t know the name of. They had a paper bag colored with red and green, I mean christmas color, to gather tips. I felt happy to know such a tiny, but seasonal work. Every time what impress me is such train performers clearly know the time from station to station. So they start singing a song at some point between the two stations so they can timely end the one when we get to the next station. Today was also the case, and ah, genius! they got off the train and immediately rode on the next car of the same train!
海を隔てた母国では竹内まりやと山下達郎が街を席巻している頃であろうか。こちらでも聞いたことがあるようなないようなクリスマスソングが街に鳴り響いている。大学の後輩が出張で来たというのでマンハッタンまで出て行った。テレビドラマやミュージカルの影響か日本の女性にはNYに憧れがある人が多い印象があり、彼女もセックス・アンド・ザ・シティが大好きだというので今回の出張を楽しみにしていたらしい。なにかニューヨーク的なものを、というのでロックフェラーセンター前のスケートリンクに行くことにした。そうしたtypicalな観光スポットなどは、ひとたび住んでしまうと「まぁいつでも行けるだろう」と億劫になるので、こうして来客があるときに自分もその恩恵に預かって「観光」する次第である。東京やNYにかぎらず、定住してしまえば誰でもどこでもそんなものだろう。ニューヨークのクリスマスシーズンに華やかなイメージを持たれている人にはすまないが実際問題とにかく寒いのでこの時節出歩く際はみなもっさり着込んで防寒ばっちりなのでオシャレやファッションなどどこへやらである。「オシャレは我慢!」(詠み人知らず)という日出づる国の格言に従って女子高生よろしく生足など出してしまえば奇異の目で見られるであろう。
While I’m lining for the skating rink at the Rockefeller Plaza with her, suddenly people cheered out. I looked the rink and found a man gave an engage ring to his girlfriend, and made the marriage proposal. Everyone and I cheered and crapped hands loudly, and the chilly ring was filled with a full of joy. こういう公開プロポーズの類は、日本でもyou tubeの動画などで話題になり、また実際実行に移す人もちらほらいるのだろうが、どうなのだろう、公開プロポーズをその場に居合わせた人々が即座にかつ自然に受け入れ賞賛するだけの文化的素地というか、空気がこの街にはあり、実際周りの我々もハッピーな気分になるのだが、日本で実行に移すとなると少しズレがあるように思う。居酒屋でのサプライズ暗転&バースデーソング&ケーキのコンボはもはや定番となっており店員のテンションとアルコールも手伝って別に抵抗はないのだが、プロポーズとなると我々大和民族が実施するにはどこか気恥ずかしさやぎこちなさが伴うのではなかろうか。リップダブプロポーズなどは一時期ソーシャルメディアでも話題になっていて、どちらかというと男性が「こういうのやりたい!」とポジティブな反応をしていたのに対し、女性の反応は半々であった印象がある。「私もこういうプロポーズしてもらいたい…!」と感動している子もいれば「まじそういう男の自己満みたいなプロポーズ無理…」みたいなこと言ってる子もいた。男性諸氏は要注意であろう。
SAMSUNG

When I was waiting for an F train back to my home, I looked a different train car from usual one the other side of the platform. A man standing next to me said to his friend, “that is an original train, only this time every year running.” When I’m back home, I googled “MTA special train” and found it here. The Vintage train runs on the M line, every Sunday, November 25 to December 30. The classic style train matched well with dim lights and dirty railways of MTA.
SAMSUNG

どうにもやることが多く慌ただしい日が続くので、どうしたものかなと思って、今日は出かけるときに久しぶりに漱石を持ちだして電車に乗った。「思い出すことなど」という、危篤状態に陥ってから回復した漱石が病床での日々を回想した書き物である。意図せずしてでが、この話を初めて読んだのはちょうど1年前頃だったと思う。11月か12月か1月か分からないが、だいたいそのぐらいだ。当時はとにかく大変弱っておりおろおろ生きていたものだからいたく染み入ったものだった。作中では漱石が俳句や漢詩を披露している。健康で忙しく働いているときはとても俳句や漢詩をつくる心持ちになれなかったのが、身体が衰弱してはじめてそれをできるだけの平和な時間が訪れたというようなことを告白している。今、自分は1年前とくらべてずいぶんと安定した心持ちで日々を過ごしている。それは幸いなことなのだろうが、どうにも心中ぱさついてはいないかと危惧するところもある。電車から降りる頃には雪が勢いを増し、路駐の車の窓にははやくも積もり始めていた。立ち止まるほどの感慨よりも寒さと用事に終われる心中が勝り、小走りで家に駆け込んだ。今朝方の停電はまだ直っていない。

[Movie]”Nuclear Nation” at Film Forum in NY 12/11-12/17 / 12/16(月)6:30pm〜映画「フタバから遠く離れて」船橋淳監督講演会 in NY(日本語)

From 12/11-12/17, a film “Nuclear Nation” will be screened at Film Forum ,209 West Houston Street. This is a documentary movie of evacuees from Futaba town to Saitama prefecture, 250km far from their home Futaba, which is the place where Fukushima 1st Power Plant is.
Website: http://nuclearnation.jp/en/
Schedule: http://www.filmforum.org/movies/more/nuclear_nation

Also, on 12/16, Atsuchi Funabashi, a director of the movie will come to NY and have a talk event. Though it’s in Japanese, if you guys interested in, let’s go! I will join. Here is a detail. Please RSVP

12/16(月)6:30pm〜映画「フタバから遠く離れて」船橋淳監督講演会 in NY(日本語)のご案内。

福島第一原発の所在地である双葉町。そこから250キロ離れた埼玉県の廃校に集団避難した双葉町民の9ヶ月を追ったドキュメンタリー、「フタバから遠く離れて」を撮影した船橋淳監督の講演会が行われます。

詳細下記の通り、お申込みはfutabarsvp@gmail.comです。どなたでもご参加可能ですので是非どうぞ。

1.日時: 12月16日(月)午後6時半より
2.会場: 日系人会館 15 West 44th Street, 11th Floor
3.会費: $25(会場受付で現金又はチェックでお支払ください)
4.プログラム: 6:30-開場
7:00-7:45 舩橋監督のお話“「フタバから遠く離れて」をめぐって“
7:45-8:00 Q & A
8:00-8:30 交流会(飲み物&軽食)
主催:ニューヨーク銀杏会
協賛:ニューヨーク女性実業家の会、ニューヨーク日系人会

また、映画自体は12月11日から17日まで,209 West Houston Street にあるFilm Forum で公開されます。
予告編: http://nuclearnation.jp
映画スケジュール:http://www.filmforum.org/movies/more/nuclear_nation

[Event] KOTOTAMA -Koki Sugita solo exhibition- at J-LABO Brooklyn

J-COLLABO, a New York based not-for profit organization which I work as a staff for, is a social platform created to bring artists of different disciplines and genres together, provide the stage for them to collaborate, and make their collaborations accessible to the public. J-COLLABO is opening a new event and residential space, J-LABO Brooklyn for Japanese and New York artists for performance and exhibition, and our first event there will be an solo exhibition of Koki Sugita, Japanese calligrapher.

On this Saturday, December 7,2013 from 2pm – 5pm, We will have an OPNING RECEPTION. Feel free to come, and enjoy live Painting by Koki Sugita with music by Masayo Ishigure! Free admission and sake will be served.

J-COLLABO.ORG is excited to begin a new period of intercultural exchange with the first U.S. solo exhibition of the brilliant Japanese calligrapher and artist Sugita Koki. This show marks the genesis of a new technique involving the use of calligraphy on Tatami matting, which was traditionally made from woven straw and has always been integral to the life and culture of the Japanese people. Throughout the Muromachi period and the Sengoku period, Tatami was regarded as a cultural staple of the traditional tea ceremony etiquette, which has come to define Japanese sensibility and hospitality. By employing the combination of two ancient pillars of Japanese culture, Tatami and calligraphy, Mr. Koki seeks to illustrate a new sense of values born of an ancient style and technique combined with a modern pop aesthetic. Sugita Koki would like you to feel the soul which the Japanese people have inherited

KOTOTAMA – KOKI SUGITA SOLO EXHIBITION
December 7th ~ 20th 2013(Mon&Tue Closed)
Opening: December 7th, 2:00pm – 5:00pm
J-LABO Brooklyn
300-302 7th St Brooklyn, NY 11215

Sugita Koki Wesite:
http://sugitakoki.com/profile/
http://j-collabo.org/alliance_artists/koki-sugita/

[Event] Students Speak Out: Hope in the Face of Disaster at Columbia Univ. on 23rd November Sat.

I will attend a panel discussion event on 23rd November Saturday from 2pm-5pm at Columbia University. If you are interested in post-disaster activities in Northern East of Japan, hit by tsunami in 2011 March, or more generally disaster relief/management field and practice, please join us!

Here are event description and a Flyer.

Consortium for Japan Relief (CJR) would like to invite you to our Fall 2013 event: “Students Speak Out: Hope in the Face of Disaster.” We will have a panel of 4-5 students, with varying experiences in natural disaster recovery efforts, speak on a number of topics. Our panel speakers have had experiences in Fukushima, Japan, New York, NY, and Joplin, Missouri.

We hope that this event will not only showcase the meaningful and impressive initiatives CU students are involved in, but also stimulate dialogue about the similarities and differences between disaster recovery efforts in different countries and situations. Especially in light of the recent typhoon in the Philippines, CJR believes that such discussion and exchange of know-hows and experiences are crucial.

The event will take place from 2-4pm on Saturday, November 23rd in Room 403, Kent Hall, Columbia University. An informal reception will follow.

CJR_November_Poster

Reference:
Consortium for Japan Relief (CJR) website
http://nyjapan311.org/
My speech at a symposium held by CJR on 10th March 2013.
https://yuheisuzuki.wordpress.com/2013/03/25/speech_symposium_ny_japan_311_tohoku_disaster/
Nishimiya Fellows Program, through which I visited and stayed in Fukushima this summer.
http://nishimiyafellowsprogram.org/
OCICA, an craft brand made by local women in Miyagi prefecutre after the disaster, my first project after graduation of collage and after disaster.
http://www.spoon-tamago.com/?s=ocica

Leaders coming to NYC from Tohoku / 希望も可能性もまだまだそこかしこにあるなということとか

13th November, Wednesday 2013

Still having lots of work, packing materials for that works, I rushed out Brooklyn in the afternoon, and went to Midtown East, Japan Society. It’s also chilly cold today. I’ll take a overnight bus to Boston tonight. Boston must be much colder, I don’t wanna think about it. Anyway, today, 5 leaders who are dedicating themselves to business and community development in Northern East of Japan after the disaster in 2011 came to Japan Society, and talked about their projects and stories to New Yorkers. I was invited to the meeting and had discussion with them. It is as usual and no longer I surprise, but we had lots of mutual friends in near fields. Also a person who guided the leaders was my friend from college. Well, it still needs time, money and man powers to reconstruct cities damaged by tsunami as a whole, but if we work from a micro, specific issue or field, we can make a good project or business quickly and flexible. People, products and stories can spread across countries over the sea, and we can collaborate together. Still not enough, and still it looks like tiny changes, but every time, social or structural renovation starts from small changes. Today, I also had good conversations and made new relationships. Further ideas are already floating in my head.

ジャパン・ソサエティにお招きいただいて、東北で事業に取り組んでいるリーダー5名のお話を聞いて、その後懇談をした。福島や雄勝や気仙沼や仙台や陸前高田の話。農業であったり学校であったり椿オイルであったり起業支援であったりコミュニティカフェであったり。ご多分に漏れず間に共通の友人知人はわんさかいたわけですが、今回の5人の方々と直接お会いするのは初めてで、お話を出来てよかった。今日に限った話でもなくて、NYや大学内の色んな機会でお話させていただく際の反応でも感じるけど、具体的な人や土地の名前、表情が海外に伝わる機会は、原発事故とかのニュースに比べるとやっぱり少なくて、そしてそれゆえに共感や協働の強力な呼び水になる。今回の震災に限らず、「事件」そのものの注目度や関心は時と共に薄れるのは当然のことで、それを「風化」と表現する人もいるのだけど、実は少し声を発すれば、少し手を伸ばせば、「あなたの物語」に心を寄せてくれる人はたくさんいて。NYと日本の間を行き来して過ごしていると特に感じる。東北各地のインフラ、地域全体の復旧にはまだまだ時間もお金もかかるのだけど、人やプロダクトや物語は意外と簡単に、そしてずっとお安く(それでもまぁ航空券は安くないけど)、海を越えることができるのだ。動ける立場にいて、思いと繋がりがあって、自分にできることもまだまだいくらでもあるなと感じた。

ところで今回の彼らのNY訪問をアテンドしていた財団勤務のスタッフがなんと学部時代からの友達で。Japan-ASEAN Student Conferenceという2010年の企画で一緒だった子。もはやこういう偶然の再会には驚かないので、自分のリアクションもだいぶ薄かったと思うけど、会合が終わって、それぞれの夕方の用事を済ませてから夕食を食べた。日本やASEANの友達の近況を知っている限り共有したり、お互いの久しぶりのアップデートをしながら、ジュニアーズでチーズケーキを食べた。

夜行バスでこれからボストンへ。滞在は3日間。相変わらず仕事やら課題やらを抱えたままだけど。なんというか、地域や国の移動それ自体がそこまで非日常ではなくなってきたので、どこへ行ってもだいたい同じテンションと同じペースで作業や仕事をできるようになっていかねばなるまいなと思う。別の地域に行ったら行ったで特定の目的や訪問先は発生するのだけど、NYにいたとしてもどうせ同じぐらいの時間がイベントやら大学院のクラスやらで拘束されているので、作業に当てられる時間自体はそんなに変わらないのかもしれない。細切れの時間でパパっと気分を変えて手と頭を動かせるようになる必要がある。まぁ今でもそこそこできているのだけど、やはり移動に伴う疲れとか眠気のロスはあるので、慣れと体力増強が必要かなぁ。